TEATRO GOLOSO

先輩・後輩デュオと楽しむ音楽の世界旅行

音楽の世界旅行

本日お知らせいたします演奏会は、これまで何度もTEATRO GOLOSO主催の演奏会でピアニストを務めてくれ、
12月14日のクリスマス・コンサートにも出演する齋藤菜緒が、後輩のオーボエ奏者、川崎芳江と共に世界各国の有名な曲を演奏し、
みなさんに世界一周旅行の気分をお届けする、彼女達らしいとても心あたたまる演奏会です。


出演者の紹介
オーボエ 川崎芳江(かわさき ふさえ)
P1150261.jpg
埼玉県立大宮光陵高校音楽科卒業。
武蔵野音楽大学音楽学部器楽学科オーボエ専攻卒業。
オランダ、マーストリヒト音楽大学修士課程修了。
武蔵野音楽大学に在学中、ハンガリーにて行われた講習会Crescendo institute参加。
選抜生で構成されるオーケストラにて演奏。
オランダ留学中、現地にて室内楽を中心に演奏会やレストラン、イベント等で演奏。
今までにオーボエを虎谷迦悦、井上恵子、青山聖樹、ヨーゼフ・キシュ、マーク・シェーファーディークの各氏に師事。
また、ヨーロッパ滞在中に下記の教授陣のマスタークラスに参加。
2013年 リンツ音楽大学教授ペーター・タベルナロ氏のマスタークラス受講
2013年 ザルツブルグ音楽大学教授ギュンターパッシン氏のマスタークラス受講
2014年 ライプチヒ音楽大学教授ニック・ドイツ氏のマスタークラス受講
現在は帰国し、多数演奏会に出演しながら、ロビーコンサートや各種イベント、レストランでの演奏など、フリーランスとして活動中。
また、音楽教室や埼玉県の中学、高校で指導も行っている。

ピアノ 齋藤菜緒(さいとう なお)
IMG_0937.jpg
埼玉県立大宮光陵高等学校音楽科卒業。
武蔵野音楽大学器楽学科卒業。
同大学大学院修士課程修了。
平成17年度同大学卒業演奏会に出演。
在学中、成績優秀者として福井直秋記念奨学生に選抜される。
第1回レガシィヴァイオリンコンクール アンサンブル部門第1位、及びヤマハ(株)賞、レガシィ賞受賞。
第8回アルベルト・ルーセル国際ピアノコンクール(ブルガリア)ピアノデュオ部門第1位受賞。並びに受賞者による
ガラコンサートに出演。コンサートの模様はブルガリア全国に放映され、好評を博す。
他、ピアノソロでの受賞も多数。
ブルガリア在日大使館でのレセプション演奏や同国在日大使公邸に於けるチャリティーコンサート等に出演。
現在は伴奏ピアニスト、ピアノデュオとして数々のコンサートに出演する他、ロビーコンサートやディナーショー、
イベント等での演奏も行う等、各方面で活躍している。
これまでにピアノを丸山徹薫、K.ガネフ両氏に、ピアノデュオをK.ガネフ、故J.ガネヴァ夫妻に、伴奏法を故J.ホラーク氏に師事。
現在、武蔵野音楽大学伴奏職員。



この二人、高校・大学と先輩後輩の仲です(・∀・)

ま、チラシトップに「先輩・後輩デュオ」って書かれていますからそれはそうなんですが(笑)


普段歌の演奏会の案内がメインですが、今回はこの二人の演奏会を紹介したいと思います。

これまでにTEATRO GOLOSOの主催する演奏会にご来場頂いた方の中で、このオーボエ奏者の川崎さんを覚えている方が
いらっしゃれば、その方は脅威の記憶力と観察眼をお持ちです!

なんとこの川崎さん、昨年の東京建物八重洲ホールで開催された演奏会「第5回ランチライムコンサート」にて受付に立って頂いた方なのです(・∀・)
そのチラシ↓
第5回ランチタイムコンサートチラシ盛り盛り盛り色違い

もう一年も前なんですね・・・・
あの時は最初の曲を歌うために舞台裏で待機してたら鼻血がでて来て、急遽相山さんに続けて2曲歌って頂き事なきを得ました(笑)


さて、この演奏会では世界各国の曲を取り上げ、成増に居ながらにして世界一周を観光するという驚異的なコンセプトを掲げています!(笑)
歌ではなかなか出来ないことです(;´∀`)
僕がこれまでに演奏時に使用した言語は、イタリア語、フランス語、ドイツ語、スペイン語、日本語、英語、ギリシャ語、ラテン語、フィリピン語の9ヶ国語ですが、
現在国連加盟国は193ヶ国あり、僕だけでは世界一周の4.6%しか達成できません(笑)

その点楽器は言語を持たないかわりに、様々な国の音楽を演奏することが可能です(・∀・)

そして皆さんご存知ですか?・・・このオーボエという楽器がどんな楽器か・・・

なんと、あのギネスブックにおいて世界一難しい楽器として掲載されたこともある木管楽器なのです!!!


どの基準で一番難しいのか・・・・・

意見は色々あるでしょうが、そもそも音を出す、保つことが大変らしいのです。


皆さん、オーケストラの演奏を聴きに行かれた事はありますか?

その時、演奏前にオーケストラがチューニングをする光景を目にした、耳にしたと思います。

その光景とは・・・

コンサートマスター(第一ヴァイオリンの一番指揮者に近い客席側の奏者)が立ち上がると、オーケストラの中ほどから

「ラ~♪(442Hz)」

と聴こえて来ます。






それがオーボエです(笑)




そうなんです、実はオーケストラのチューニングで最初に音を出すのはオーボエなんです!


それは先に書いた通り、「音を出すこと、保つことが難しい」ことに由来していて、他の楽器がみんなオーボエに合わせるのです!

「一人はみんなのために、みんなは一人のために」の精神なのです(・∀・)



まさにそれは相互扶助の精神ですね(・∀・)


そんな珍しい楽器の演奏が生で、しかも目の前で聴けるとなるとこれはもう聴きに行くしかありません(・∀・)

プログラムは↓

エルガー 愛の挨拶(イギリス)
チャイコフスキー 白鳥の湖(ロシア)
モーツァルト オーボエコンチェルト(オーストリア)
サティ ジュ トゥ ヴ(フランス)
ドニゼッティ オーボエソナタ(イタリア・・・へーこんな曲があるんだ!?)
ドヴォルザーク 新世界より 家路(チェコ)
ガーシュイン アイ ガット リズム(アメリカ)
ピアソラ オブリヴィオン(アルゼンチン)


世界一周だから・・・・あと185曲あるのかな?(笑)


僕も聴きに行きますので、よいこのみんな、「音楽室ゆらぎ」で僕と握手!(なんでやねん)

気になる演奏会は
10月29日土曜
13時30分開場
14時00分開演


会場
音楽室ゆらぎ
板橋区成増4-18-21
音楽の世界旅行地図
↑クリックで拡大出来ます。

アクセス
東武東上線「成増駅」徒歩9分
東京メトロ有楽町線・副都心線「成増駅」徒歩11分

入場料2000円
全席自由ですが、事前予約にてお願いします(・∀・)
チラシに掲載されている文字が読み辛い場合は僕がお申込みを代行しますので、
teatrogoloso@zoho.comまでご連絡ください(・∀・)



↓こちらもよろしくお願いします(`・ω・´)ゞ
クリスマスコンサートチラシ表
  1. 2016/10/21(金) 19:07:37|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<クリスマス・コンサート・2016 プログラム発表 | ホーム | クリスマス・コンサート・2016>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://teatrogoloso.blog.fc2.com/tb.php/58-7277729d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

TEATRO GOLOSO代表 芹澤佳通

Author:TEATRO GOLOSO代表 芹澤佳通
相互扶助企画Teatro Golosoのブログへようこそ!
ここではTeatro Golosoの企画する演奏会の情報を発信しております。ご意見、ご感想などはコメントで投稿して下さってもteatrogoloso@zoho.comにメールを送って下さっても結構です。コメントを投稿する際、メールアドレスを記入する欄がありますが、空欄でも構いません。

最新記事

最新コメント

TeatroGolosoお問い合わせメールフォーム

TeatroGolosoへのお問い合わせ専用メールフォームです。 演奏会へのお申込みやご要望がより簡単に送信頂けます。

名前:
メール:
件名:
本文:

メールアドレスは、TeatroGolosoからの回答時に必要となるため入力必須となっております。それ以外で利用することはございませんし、公開される事もございません。代表である芹澤のみが閲覧可能ですのでご安心下さい。

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR